Trichotillomania

Genaの抜毛症に関する記事一覧

抜毛症についてのブログの記事が増えてきたので、このページにまとめて整理してみる。初めての方はまずこちらのページからどうぞ。
日常で感じたこと

沖縄に行ったことがない私が読んだ『裸足で逃げる』上間陽子著

沖縄になんの接点も持たなかった私は、21のとき、石垣出身の女の子と友達になった。 読み進めながら、彼女たちの言葉は、頭の中で自分の友人の声で再生されるようになった。 優しい声が語るのは、優しくないオキナワの状況。
Trichotillomania

自分でできる抜毛症対策

抜毛症16年目にもなるので、これに関する悩みはつきません。 なんとかやめようと散々工夫してきました。これまでに私がやってきた対策をまとめてみたいと思います。
アジア映画

ミニシアターへ 愛を込めて

ミニシアターがなくなると、私たちの世界はまたひとつ小さくなる。 視界はまた少し狭くなる。 自分が大切だと思う世界を、守ろうとしているか。 私、本当はとても腰が重いんだけど、今こそやるべきだと思う。
アジア映画

香港の未来『十年』をよくよく考えてみた。

この映画は5つの短編作品から構成されている。一話一話が断片となって、それが集まって、浮かび上がる2025年の香港の様子に戦慄する。

アジア映画

#レミゼじゃないレミゼこと 2019年版の社会派フランス映画『レ・ミゼラブル』(ラジ・リ監督作品)

ラ・ジリ監督のフランス映画『レ・ミゼラブル』 背景となった社会問題の考察と、複雑な人物関係を整理します。
日常で感じたこと

アメリカのお泊り会の定番ネタを詰め込んだ映画『アメリカンスリープオーバー』

この映画は、現代アメリカで大人になるための通過儀礼を、お泊り会を通して描いているとも言えそう。そう思ったら気になってきて、ざっとそのmythの項目を洗い出してみた。
Trichotillomania

【私の抜毛症記録7】抜毛症を抱えながら、頑張ってNYへ留学した話

息苦しさを日本のせいにして、飛び出した。逃げて逃げて逃げた先のNYで見つけたもの。
日常で感じたこと

Netflixで見つけた我が家

20年の歳月は、皆に何をもたらしただろう。 今の少し影のあるステフを、私はとても好きだ。 明るいアメリカンカルチャーのど真ん中、レンズの前で、少しだけ無理をしているようにも見える。
Trichotillomania

【私の抜毛症記録5】大学生のときのこと

外見至上主義な大学キャンパスに足を踏み入れて、抜毛症が悪化した話 大学入学はスタートラインなんかではない。持てる者たちは社会に出る前の最終仕上げぐらいのつもりで通ってきている。  抜毛症とコミュニケーションの課題を抱え、自分のやりたいことを少しずつ見つけられたらいいな、なんてのんびり思っていた私にはシビアな環境だった。